妊娠中 骨盤 歪み(ゆがみ) 原因 改善方法

出張整体 バランス工房

公開日:2018/06/17 更新日:2019/12/13

なぜ、妊娠中は骨盤が歪む(ゆがむ)のでしょう?

執筆者:岡林秀和執筆者:鍼灸師 バランス工房グループ代表 岡林秀和

なぜ、「妊娠中」に

骨盤の歪み(ゆがみ)」がでてしまうのでしょうか?



専門家の立場から、その原因について

一つのお答えを書かせていただきますね(^^)

この大きな原因を、簡単にいうと・・・

妊娠中は、「骨盤が動きやすく(広がりやすく)なる」ためです。

ただ、この「骨盤が広がる」という表現は、誤解を招きやすい表現ですので

説明が必要です。

産後のお客様写真


原因の元は、「ホルモン」(リラキシン) 

妊娠中から出産に向けて、スムーズにお産ができるよう関節や骨盤の動きを柔らかくする必要があります。そのために適度に分泌されます。すると、筋肉や靭帯がより柔らかくなります

(子宮弛緩の役割もあります)

スペース500

骨盤女性

スペース500

スペース500

簡単に説明すると、

上の図の「恥骨結合」の部分、左右茶色の中心部分

(骨盤の下の方)が広がった状態

「骨盤が広がった」状態です。



「骨盤が広がる」というと、骨盤全体が広がっているような認識があるのですが

そんなことはなく、実は骨盤の「下のほう」が広がりやすいのですね。

スペース500

下のほうが広がることで赤ちゃんが、出てこられるようになります。

普段は、開かない骨盤が開くのは、特別なホルモン(リラキシン)が出て

筋肉・靭帯などを緩めてくれるからです。

 

骨盤女性

↑このイラストは、骨盤を「下側」(骨盤の底)からみたときのものです。 イメージがわきますでしょうか?(^^)


スペース500

普段は「広がっていない部分」なのですが、「妊娠中」は骨盤が広がりやすくなっているために骨盤にくっついている筋肉や靭帯が余計に

引っ張られたりすることで「痛み」が出てきています。

その引っ張られる筋肉の一つに、たとえば「お尻(おしり)周辺」の筋肉があります。

スペース500

骨盤が広がるということは、「動きやすい」ということ。

※つまり、”骨盤が歪み(ゆがみ)やすい”ということなのです。



もし痛いところがある場合はそこを触ってみると

「ゴリゴリ」「コリコリ」していませんか?

それは筋肉が硬くなってしまっているのですね。

スペース500

足に力を入れない時は痛みは少ないのですが、足を開こうとしたり曲げたり伸ばしたり

動かそうとしたりすると痛みが出てくるのが特徴です。

痛みが出ない形で安静にできるのでしたら、徐々に良くなってはいきますが

重症の場合は、なかなか良くなりにくいですので、施術を受けられるのも一つの方法です。



ですので、

「この骨盤の歪み(ゆがみ)や、痛みは一生付き合わないといけないんだ」

と思っている方も多いのですが・・・

まずは安心なさってくださいね。

スペース500

大抵の場合は骨盤矯正(調整)で適度に軽く締めてあげて、

ベルト等で正しい位置・強さで固定してあげれば

それ以上悪化することはありません。

 


症状が軽い場合は、トコちゃんベルトを正しい位置に締めて正しい強さで締めればそれだけでも少しずつ楽になっていきますよ。

スペース500

腰でも下の方(おしり割れ目の斜め横部分)が痛いことが多いですが

痛くて立てない、トイレに行くのに何時間もかかるといった場合でも、ご自身で立ってトイレに行くことができるようにほとんどの場合がなります。

スペース500

骨盤が広がっているときは立ったときに「ぐらつき感」がでてきます。

ペンギンさんのような「よちよち歩き」になったりしやすいですね。

股関節(脚の付け根部分で前や横が多い)も一緒に痛くなる場合もあります。

その場合は、立ったときにご自身の体重が両足の外側にかかっている場合が多いですよ。

(骨盤が広がっていることによってそうなります)

 

分かりやすくてもっとも多い症状は、寝返りするとき、ピキッと腰(下の方)のあたりが痛くなる。やはり動き始めが痛いのが特徴です。

(上向き(仰向け)で腰を持ち上げたり、足を上げる形(膝を胸に引きつける形)

などの時に痛くなる方も多いです)


 

骨盤の痛み緩和の方法

 

まずは・・・

多くの場合は、楽な方に横向きに寝て、カラダをくの字にして、足の間にタオルケットかクッションなどをはさむと少し楽になることもありますよ。

 

 



骨盤を冷やすor温める?

痛みが出ている患部を冷やしてみて気持ちが良くて痛みが落ち着くのか、患部を温めて気持ちが良くて痛みが落ち着くのか、というのを試してみてください。

患部が炎症を起こしている時は冷やすと心地良いと感じる事が多く、炎症後の筋肉の不調だと温めると心地良いと感じる事があります。

炎症が起こっている時は腫れたり、熱を持ったりしている事があるので炎症が落ち着くまで安静にされる事をおすすめします。



骨盤の症状が治まってきたら

ある程度症状が治ってきたら、お尻をストレッチしたり、テニスボールで患部を刺激して痛みが軽減するか試してみるのも良いかもです。

どうにも痛みがおさまらない場合はプロにお願いした方が良さそうです。





骨盤の歪みの予防対策

まず重要なのが、どの業者にするかは妊婦の方でも施術可能かという事を必ず最初に確認して予約をするようにしましょう。

保険診療可能な整骨院…柔道整復師が常駐して電気治療やマッサージを施してくれます。 (但し、保険診療内だとマッサージ時間10分程度と短め)

鍼灸院…鍼とお灸で治療してくれます。鍼治療は即効性があり直接筋肉にアプローチする事で硬結している筋肉を一瞬にして血流を良くする事が出来る画期的な施術です。 個人差はあるのですが、人によっては即効性はあるが、持続性にやや欠けるので短期間に数回受ける事になるかもしれません。

・上記以外で鍼治療が苦手、整体を試したい、動けなくなった方、近くに望ましい治療院が無い自宅にきて欲しいという場合は弊社のようなマタニティ・産後専門の施術者がいる出張サービスを行なっている整体マッサージや鍼灸のできる店鋪にご相談されると的確なアドバイスをいただけると思います。
整体は時間をかけてゆっくりと全身を指圧や押圧でほぐしていき身体のバランスや骨格を整える施術方法です。
これも個人差はありますが、施術後直ぐに症状が緩和される場合や施術後2~3日後に痛みが緩和されていくパターンがあったりと若干即効性に期待は薄いかもしれませんが急に症状が落ち着くという傾向もあります


バランス工房マタニティ整体のご感想

以下の方は、

「妊娠中からの骨盤の歪み(歪み)、腰の下の方、お尻(おしり)の痛み

ひどかった方の体験談」です。

(トコちゃんベルト2を使用されています)

整体 体験談 ☆東京都 世田谷区 南烏山 M・Nさま整体 体験談 ☆

(30代女性)

産後の整体ママと赤ちゃん

矢印スペース500

「妊娠中からのおしりの痛みが一回で・・・感動しました」

妊娠中から 骨盤の歪み(ゆがみ) 改善 お尻(おしり)の痛み トコちゃんベルト

骨盤というか、私の場合は妊娠中からおしりあたりがずっと痛くひどい時には一人でベッドから起き上がることもできませんでした。
産後は痛みはそれほどでは無かったのですが、ぐらつく感があり、 歩き方もおかしくなる時もしばしばでしたので、インターネットで検索したところ先生のページにたどり着きました。
施術してもらい、一回でおしりの痛みが無くなったのには、本当に感動しました。ありがとうございます。
そして驚いたのが、自分の体が軽くなったことです。 慣れない育児で緊張もあったせいか、自分の体が疲れていたことに さえも気付いていなかったみたいなのですが、終わって軽くなった時、始めて自分が疲れ切っていたことに気付きました。
こんなに丁寧にやっていただけると思っていなかったので本当に感謝してます。 次回も楽しみにしておりますので、宜しくお願いいたします。


産後のお客様写真3


スペース500

 

スペース500

ハイハイ赤ちゃんハイハイ赤ちゃん

産後の骨盤矯正限定のお客様の声についてはこちらでご覧いただけます




関連ページ

このページのTOPへ空白

ハイハイ赤ちゃん産後お母さん


・マツケンサンバ振付師真島茂樹さん

・バンキシャコメンテーター 井沢満さん

・千代田区 自営業 30代女性

・中央区 会社員 20代女性など

お客様の声はこちら




































スペース500